teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


日付を文字列に変換

 投稿者:tt  投稿日:2011年 6月30日(木)17時15分0秒
返信・引用
  =">="&TEXT(T6,"yyyy/m/d")

="<="&TEXT(EDATE(T6-1,1),"yyyy/m/d")

日付を「>=2011/6/30」という感じで、文字列に変換する
 
 

(無題)

 投稿者:t  投稿日:2011年 5月24日(火)12時48分56秒
返信・引用
  test  

VBA

 投稿者:tt  投稿日:2011年 5月13日(金)15時16分14秒
返信・引用
  Sub 日付の文字列化()


    Dim mDate_t As Date '本日
    Dim mDate_tb As String '本日
    Dim mDate_tc As String '本日:年月日+時間


    mDate_t = Now '作成日(本日)⇒例として、2011/5/13
    mDate_tb = Format(mDate_t, "yyyymmdd") '作成日の年月日
    mDate_tc = Format(mDate_t, "yyyymmdd_hhmmss") '作成日の年月日+時間


    MsgBox mDate_tb
    '表示結果 ⇒ 20110513 ⇒ 2011年5月13日

    MsgBox mDate_tc
    '表示結果 ⇒ 20110513_150018 ⇒ 2011年5月13日15時00分18秒


    ActiveWorkbook.SaveAs Filename:=mDate_tc & ".xls"
    '⇒カレントドライブに、20110513_150018.xls という名前で保存する


    'パスを指定する場合は…「フルパス名」という変数に代入するとして
    '「フルパス名」の最後は必ず「\」を指定する…例)C:\Documents and Settings\
    ActiveWorkbook.SaveAs Filename:=フルパス名 & mDate_tc & ".xls"


End Sub

Sub 確認メッセージ非表示()

    '例えば、あるシートを削除する場合、確認メッセージが表示される
    'マクロ実行中なら中断されてしまうので、下記要領で中断せずに継続実行が可能となる


    Application.DisplayAlerts = False '確認メッセージを表示しない

    Workbooks(ブック名).Worksheets(シート名).Delete 'あるシートを削除

    Application.DisplayAlerts = True '確認メッセージを表示する


End Sub
 

VBA日にち設定

 投稿者:t  投稿日:2011年 5月 9日(月)12時11分13秒
返信・引用
  sub 日にち設定

    Dim mDate00 As Date '当月開始日
    Dim mDate00b As String '当月開始日
    Dim mDate00c As String '当月開始日
    Dim mDate00d As String '当月締め日

    mDate00 = Worksheets("menu").Range("g26")'日付をmDate00へ代入
    mDate00b = Format(DateAdd("m", 1, mDate00), "yyyymm") 'mDate00の翌月の年月をmDate00bへ代入
    mDate00c = Format(mDate00, "yyyy/mm/dd") 'mDate00の日付をmDate00cへ代入
    mDate00d = Format(DateAdd("m", 1, mDate00), "mm/14") 'mDate00の翌月14日をmDate00dへ代入

    Range("a3").Value = mDate00 'スタート日
    Range("f1").Value = mDate00c & "~" & mDate00d '集計期間
    Range("k1").Value = mDate_t '作成日時

end sub
 

VBA

 投稿者:a  投稿日:2011年 4月27日(水)09時04分38秒
返信・引用
  Sub シート指定()

    Worksheets("一覧").Range("a1:a20").ClearContents

    For i = 1 To Worksheets.Count

        Worksheets("一覧").Cells(i, 1).Value = Worksheets(i).Name

    Next

        UserForm1.Show

End Sub
Sub f_open転送元()

    Worksheets("menu").Range("f12").Value = Application.GetOpenFilename

End Sub

Sub AutoFilterMode_check01()

    With ActiveSheet

        MsgBox "フィルタモードは、" & .AutoFilterMode & " です"

        .AutoFilterMode = Not .AutoFilterMode

    End With

End Sub
Sub AutoFilterMode_check02()

'オートフィルタがオンになっていたなら、すべて表示にさせる

    With ActiveSheet

        If .AutoFilterMode = True Then 'オートフィルタがオンなら

            On Error Resume Next 'エラートラップを有効に

            ActiveSheet.ShowAllData 'すべて表示…すべて表示されていたなら⇒エラーだけど無視して次へ

            On Error GoTo 0 'エラートラップを無効に

        End If

    End With

End Sub
Sub 合計()

'2011/04/01作成

    Dim myBtn As Integer
    Dim myMsg As String, myTitle As String

    myMsg = "帳簿残+返金=合計 と 利限比 を計算式設定します"
    myTitle = "計算式確認"

    myBtn = MsgBox(myMsg, vbYesNo + vbExclamation, myTitle)

    If myBtn = vbYes Then

            ActiveCell.FormulaR1C1 = "=RC[-16]+RC[-1]"
            Selection.Copy
            Selection.PasteSpecial Paste:=xlPasteValues
            Application.CutCopyMode = False

            Selection.Offset(0, 1).Select

            ActiveCell.FormulaR1C1 = "=-RC[-2]/RC[-16]"
            Selection.Copy
            Selection.PasteSpecial Paste:=xlPasteValues
            Application.CutCopyMode = False

    End If

End Sub

 

レンタル掲示板
/2