teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:58/895 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: 「交響曲ヤマトの“トラックダウンバージョン”について」

 投稿者:ファンサイト管理人  投稿日:2012年 3月 3日(土)12時42分37秒
  通報 編集済
   福科考∞譜観さん、ご記帳ありがとうございます。

 さて「交響曲ヤマト」のミキシング違いにつてですが、わたくしは「33C35-7397」しか持っ
ておらず、「COCC-12672」は未聴です。しかし憶測で言うのもはばかれますが、「COCC-
12672」は「33C35-7397」の再発であって、両者に相違はないと思っています。もし違いがあ
るようでしたらお教えいただければと思います。

 さて問題の「生誕30周年記念 ETERNAL EDTION PREMIUM CD-BOX(COCX-33021~30)」ですが、
今回再発された
http://www.amazon.co.jp/dp/B00030GSY4/
と、2004年11月25日リリースの旧盤
http://page10.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m80774096
とでは違いがあり、旧盤はTUNED-CD仕様だったそうです。(TUNED-CD仕様って何か知りませ
んが…お恥ずかしい話)。で、その件についてのカスタマー・レビューがありました。

レコード会社曰く「現在のディスク生産技術は、Tuned CDが開発された2000年(平成12年)
当時に比べて格段に進歩しており、通常のCDにおいても品質向上と品質安定性(再現性)が
確保されています。従って当時、多くの時間をかけて何度もスタジオにフィードバックして
いた作業も今や不要となりました。そこで、この度Tuned CDのプロジェクトを終結するに至
りました。」とのこと。

 33C35-7397よりは「2004年11月25日リリースの旧盤」の方が音質が良いことは下に記した
通りですが、わたくしめ「交響曲ヤマト」1枚を聴きたさに「2004年11月25日リリースの旧盤」
を持っているのにかかわらず「2012年リリースの新盤」(COCX-33021~30)を買い直すまでの
フリークでもありませんので、どうか聴かれたら2004年盤と2012年盤の比較を含めてご感想を
お聞かせいただけたらと思います。
 
 
》記事一覧表示

新着順:58/895 《前のページ | 次のページ》
/895